2006年05月14日

それが大事。

「あら、kimikさんじゃない?」

近所のドラッグストア(この田舎にもそれくらいの店はあります)でふいに声を掛けられた。
平日の昼間、誰だろう?

「お久し振り。元気そうね。」

ああ、以前勤めていた結婚式場で一緒に働いていた人だ。
この人にもずいぶんお世話になったっけ。

「…お久し振りです。」
「あなた、先生になったって聞いたけど…?」
「ええ、日本語教師やってるんです。」
「すごいわねぇ。」

正直言うと、以前の会社の人と話すのってなんだか照れくさい。
別に、後ろ足で砂掛けるような辞め方したわけじゃないから、堂々としてればいいんだけどね。

「良かったね、やりたい仕事ができるようになって。いやいや仕事するよりは…ね。」

ああ、そうか。当時の私はそんなふうに見られていたのか。
女子社員の中では役員からも一目おかれ、あのまま勤め続けていれば、
男性には遅れるが、ある程度の管理職は間違いなかったであろう私。
(なんか、激しく思いこんじゃってますね)
11年も身を置きながら、決して馴染むことができなかった業界。

「顔に、自信があふれてるよ。」

平日だし、近所だし、あの頃より化粧もしていないけど、きっとそうなんだ。

「そうですね。私、今の仕事に就くことができて本当に幸せです。」

さらっと言えた。
「幸せ」を扱う業界で幸せになれなかった私。
「いやいや仕事する」私を知っている人に、「自信あふれる」私を見てもらえた。
この人は明日、職場で私のことを何と報告するのだろうか。
そんなことはどうでもいいんだ。

やりたいことを見つけた私は、
「人間として生きている」
それが大事。
posted by kimik at 17:04| Comment(6) | TrackBack(0) | My Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

復活

なんと、約2ヶ月も更新を怠ってしまいました。
時々、友人たちからも心配メールが送られてきたりしました。
体は元気です。
気持ちは?
……元気です。
では、なぜ2ヶ月もここをほっといたのか?



3月に、腹立たしいことが続きました。

はっきり言って、kimikは喧嘩っ早い人間です。

なにより我慢することが大嫌いな、俺様人間です。

パソコンに向かえば、怒りの言葉ばかりを羅列しそうだったから。

関係ない人たちにまで毒を撒き散らしそうだったから。

それは、言葉を生業(なりわい)とする人間が決してしてはいけない行為。

ギリギリのプライドは守ろうと思った。



最近、ようやく落ち着いてきましたので、またこうしてパソコンに向かっております。

「自分の信念」と「周りからの評価」どちらを取るか?

「自分の信念」に決まってる。

そう思ったら、楽になりました。



もしかしたら、また爆発する日が来るかもしれないけれど、
とりあえず、平穏な気持ちが戻っているうちに一筆書いておきます。




posted by kimik at 18:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

卒業式の思い出

 春3月。巣立ちの季節ですね。さまざまな思い出を胸に、新たな一歩を踏み出した皆様に心よりお祝い申し上げます。

 私も人生で何度か卒業式を挙げていただきました。一番心に残っている卒業式って、高校のかなぁ…
 以前にも書きましたが、私は高校時代に生徒会長だったので、学校行事では必ずなんぞ一言(以上)しゃべらねばなりませんでした。当然、学校にとっての一大イベント、卒業式でも在校生総代として送辞を、自分が卒業する時はお礼のことばを述べてきました。これ、本当に準備にすごく時間がかかるのよ。何度も何度も書き直して、奉書紙に清書して、読み上げの練習して…文章を書くのは好きなのですが、言葉遣いがねぇ普段使わないような言葉なんだもの。「申し上げます」調の、舌噛みそ〜な言葉で書き連ねながら、
「こんな言葉、全然使わねーよ」
なんて内心思ってました。(ゴト氏先生、kimikは悪いコでした)

 高2の卒業式。現役生徒会長として卒業式の裏方も務めねばなりませんでした。裏方仕事。体育館に椅子を並べたり、壇上に「祝 卒業」の文字板を掲げるなんて仕事はどこの学校でもやっていること。うちの高校は寒冷地帯にあるのです。運が悪ければ

雪かきをしなければ校舎に辿りつけない!!

という環境に学校があるのです。そう、この年、卒業式数日前から雪が降って、前日になっても止まず、当日の朝、雪は止んだものの、雪かきをしなければ校舎に辿りつけないという状況になってしまいました。早朝から裏方総出で雪かきをしました。しかも、シャベルが足りないので、

ベニヤ板

を使っての雪かき。手の平が痛かった
翌年迎えるであろう自分の卒業式には「雪が降りませんように〜」と、祈ったkimikなのでした。(ね、りょうちゃん)

 翌年。慈悲深い先生方のおかげで、なんとか卒業できることとなったkimik、わ〜い、わ〜い、卒業できるぅ〜と喜んでおりました。(ま、高校卒業→大学進学といっても、目と鼻の先の校舎に移っただけだったが。ね、りょうちゃん、micoちゃん)
 学校行事には予行演習が付き物。卒業式とて例外ではありません。入退場、起立、着席のタイミング、礼の角度と頭の上げ下げ(普段の授業でもやってた)などなど、
「え〜かげんにせ〜よ」
というほど練習するのです。(熱血T先生、kimikは悪いコでした)
 kimik、今年は卒業生総代として壇上に上がるのですから、ひとり礼の猛特訓を受けておりました。
 3人の先生がそれぞれ正面、横、後ろに立たれ、「礼!」の号令で頭を下げたらそのまま、
「首、落ちすぎ!」
「もっと、背筋伸ばして!」
「顔上げた時の視線はここ!」
と逐一チェック。内心、
「ど〜でもえ〜よ〜、しんどいよ〜」
と思っておりました。(先生方、本当に、kimikは悪いコでした)

 さて、卒業式当日。春曇の空の下、迎えた本番。(雪は降らなかった)
やっちゃった。ちょっとその予感はあったのですが、

「お礼のことば」を読みながら涙声になっちゃった。

もともと涙腺ゆるいほうなんで。
卒業といっても、あと一ヵ月後したら、またここの大学に通うんじゃないか、隣の校舎に移るだけじゃないかって思い続けてたのにね。
4月になったらまた会おうね、普通の新学期と変わらないねってみんなと話してたのにね。

    ヤッパリ、キョウハ、「サヨナラ」ナンダ……

 私も泣いたけど、もっと泣いていた熱血T先生。卒業式前日、
「もし、僕が名前を呼び間違えても、そ知らぬ顔して起立してくれ。僕のほうが泣くかもしれないから。」
そう言った熱血T先生。実は、私たちが、先生の人生で初めての卒業学年だったそうで。
やっぱりね。やっぱり先生、泣いたね。私たちからの花束抱きしめて、涙、涙だね。
「去年の4月、この教室で君たちと顔を合わせて、一人の退学者も出さず、今日の日を迎えられた…ありがとう、おめでとう…」

 そして、18年後の今。同窓会副会長として卒業式に出席してる。来賓席からステージを見てる。昔、何度もあそこに立ったっけ。あんなに高く感じたステージが、今は低く見える。私も成長したってこと?ステージの高さに追いついたの?もしかしたら追い抜く日が来るかもしれない?
 そんな日が来るかどうかわからないけど、ちょっと人生楽しくなってきました。え?kimikはいつも楽しそうじゃないかって?う〜ん、年は食ってるけど、まだ「悪いコ」の部分残ってますからね。え?いいトシなんだから、直しなさいって?
そうしたら、誰か「卒業証書」くれる?
posted by kimik at 20:51| Comment(2) | TrackBack(0) | My Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

ごぶさたです

 気が付けば…もう3月ではありませんか!しかも、一週間も経過している…しばらく更新を怠っていてもうやだ〜(悲しい顔)申し訳ありませんでした。
 先日来、セキュリティシステムと格闘しておりましたが、ようやく落ち着きました。
最近のシステムは優秀ですね。更新の時期が来れば、たとえこちらが忘れていても、まもなく期限切れですよ〜更新してね〜というメッセージを出してくれるのですから。(忘れていないけど)昨年と同じく、Symantec社のサイトから更新キー(ナンバー)を購入して、送信すればオッケー!と、思っていたのですが…

「あなたの商品の更新版はありません」

なんてサインが出てしまいました。
そうかそうか…… 2003年版はもうダメなのね……たらーっ(汗)

 という事で、2006年版を購入(ダウンロード)することにしましたが、これがその後の疲労の始まりでした。
 私の通信機器は、

カード型PHS。

はっきり言ってナローバンドです。
ダウンロードするだけで2時間かかりました。とほほ。
さて、気を取り直して、インストールするとしましょう。
ところが、画面には次のような文字列が…

 「2006年版のインストールができません。2003年版をアンインストールしてから再実行してください」 

そうかそうか…… まだそんな作業をしなきゃいけないのか……たらーっ(汗)
仰せのとおりにいたします。
このアンインストールもずいぶん時間がかかりました。
これで、ようやく2006年版をインストールできる!と思ったら、

「○○の作業を実行中です。作業終了後、時間をおいてインストールしてください」

まだ待たなきゃいけないのか!!

それから何度、再起動を繰り返したやら。
画面の指示通り進めばいいわけですが、ものすごく疲れました…たらーっ(汗)
こんなことなら、CD-ROMCDを買ってインストールしたほうが良かったかしら?でも、これ以上使わない円盤が増えても困るわけで…(あれって、一回きりじゃん)

せっかく頑張ってインストールしたんですから、しっかり活用しようと思います。やはりセキュリティは重要ですからね。みなさまのパソコンもお大事に。




posted by kimik at 20:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

誕生日

 本日、36回目のこの日を迎えました。たくさんの方からお祝いしていただきました。ありがたいことです。(うちの父なんて、今日が何の日か忘れているようです。)
 子どもの頃は、単純に嬉しかったですね。中学以降になると、試験の時期と重なったりして、「誕生日〜」なんて浮かれている場合ではなかったりして…
 いろんな事がありましたが、13,149日の積み重ねがあって今日こうして生きているわけです。これからも、マイペースで生きていきます。(とある友人より、「あんたのマイペースは、常識から外れとる!」という賞賛の言葉を贈られました。)
 私にだって、まだやりたいこと、た〜くさんあります!その夢を叶えられるように、わーい(嬉しい顔)がんばります!!
posted by kimik at 23:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

風邪ひいた。

 先週の半ばから喉が痛くなりました。まあ、そのうち治るだろ〜なんて暢気に構えていましたが、生徒さんたちにうつしては大変です。2年半ぶりに病院(クリニック)へいきました。金曜日の夕方ということもあってクリニックはガラガラ、ちょちょいのちょいと喉を診ていただいて、薬局で薬を処方していただいて帰ってきました。薬剤師さんに、

「明日は土曜日ですから、今晩ひどくなるようでしたら、また明日早めに来てくださいね。」

と優しく言葉をかけていただきました。もう痛みも収まりつつあるし、大丈夫だよ〜ん、と思っていたら… なんと、その晩から喉の痛みは収まったものの、鼻声、くしゃみ、せきなぞの風邪の諸症状が出始めました。う〜ん、薬剤師さんすごい!!
 昨日は、一日布団にくるまっておりました。(クリニックには行かず)
 本日、ものすごい風邪声のまま英会話に行きました。講師のJ氏もヴィックスを舐めながらのレッスンでした。
 体調はいまひとつでしたが、一日早い誕生日祝いをしていただいて、ちょっとHappyなkimikです。今日はもう寝ます。おやすみなさい。眠い(睡眠)眠い(睡眠)
posted by kimik at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

トラブル続き

 ここしばらくITとの関係がまずいふらふら
 まずはこのブログ。Seesaa netのサーバトラブル&メンテナンスのため更新できず。せっかく記事投稿をペンしても、無効となったり、ちょっと悲しいもうやだ〜(悲しい顔)

 そして、メールの送受信がmail toできなくなったふらふら
 インターネットのウェブサイトはiモード見られるのだが、メールの送受信がmail toできないたらーっ(汗)。ということは、通信機能のトラブルではないらしい。メールのアカウントや、接続の設定をつついても改善しない。エラーが禁煙表示されるばかり。
 プロバイダーのお客様コールセンターに電話を携帯電話した。やはり、最初にメールの設定の確認を指示された。またエラーサインが出てしまう。すると、思いがけないことを訊かれた。

「セキュリティシステムは何をお使いですか?アップデートはされていますか?」
「Nortonです。アップデートもしています。」
「たぶん、原因はそれでしょう。」

と言われ、あちらの指示通りにセキュリティの設定を変えたり、システムそのものを無効にしたりすること30分、ちゃんと送受信できるようになった。

「あ、できました!動くようにmail toなりました!ありがとうございますわーい(嬉しい顔)!!」
「お使いのメールソフトに対して、セキュリティソフトが強すぎるのかもしれませんね。うちに電話をしてこられるメールのトラブルも、6割くらいはセキュリティシステムが原因なんですよ。セキュリティの設定レベルを少し低くされるか、メールの送受信時には無効にされたほうがいいでしょう。一度、セキュリティソフトの会社にも連絡されたほうがいいですね。」

ほぉ〜。さすがプロ。こんな理数がさっぱりの私にもわかりやすく説明してくださる。確かに、メールソフトは以前のままで、セキュリティシステムは更新を繰り返していると対応できなくなることも考えられますな。
「過ぎたるは及ばざるがごとし」という諺もあるけど、デジタルの世界でもそういうことがあるんだ。(でも、まったくセキュリティを無効にするのも怖いし…)

 今、こうして無事に更新しているけど、またどんなトラブルが起きるのやら。
 kimik、まだまだ21世紀には対応できません…
posted by kimik at 18:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

SWEETな日

 昨日はバレンタインデープレゼントでしたね。私は、Rさん家のOちゃん(1歳)に赤ちゃんおせんべいを、Cさん家のJo君(5歳)と弟君(2歳)にシュガーレスキャンディーをプレゼントプレゼントしました。もちろん、おりがみで可愛く、お手製ラッピングリボンいたしました!(すぐに壊されてしまいましたがもうやだ〜(悲しい顔)
 Oちゃんには、「もっと、ちょうだいわーい(嬉しい顔)」と、日本語でねだられました。(Oちゃんは、RママとLパパの教育ペンの甲斐あって、1歳10か月にして日本語がわかるスーパーベイビーなのだ)
 Jo君の所では、ママさんが記念写真をカメラ撮ってくださいました。(この直後、ラッピングのとりさんは、大変身を遂げてしまいました…)
 
 そして… なんと!Jo君からサプライズが!

「ようちえんでつくりました。」

と言って、お菓子バースデーをくれたのです。
 ママさんの話によると、幼稚園で作ったお菓子を2つ持って帰ってきて、

「ひとつはぼく、ひとつはmikせんせいにあげる」

と言ったんだそうです。うるうる〜たらーっ(汗)揺れるハート せんせい、うれしいよぉ〜わーい(嬉しい顔)揺れるハート

 世界にひとつだけのお菓子。あっという間に食べてしまいましたが、Jo君への感謝の気持ちは、今もずっと感じてるよ。ありがとう。
 こんなサプライズがあるから、人相手の仕事はやめられない!


おまけひらめきOちゃんにあげたおせんべいは、Rママが気に入られました。どこに売っているのか訊かれたので、ドラッグストアーのベビーコーナーにあります、と教えてあげました。
posted by kimik at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

新手あらわる

 前回のブログで、ママさんたちが動物に「さん」や「ちゃん」を付ける、という話を書きましたが、新手が現れました。
 5歳のJo君が、

何にでも「でしょ」を付けるのです!!

絵カードを見ながら、

「くまでしょ。」 「うまでしょ。」 「きりんでしょ。」・・・・・・

いったい、どこで覚えてきたのでしょうか?
「今日、幼稚園から帰ってきてからずっと言い続けてるんです。」
とはお母さんのお言葉。
動物の名前だけではありません。
「さむいでしょ。」「おりがみでしょ。」「ピアノでしょ。」「mikせんせいでしょ。」
私まで「でしょ」付きで呼ばれてしまいました。リズムがおもしろいのかなぁ…
 ま、いいでしょ。そのうち、また違う言葉がおもしろくなるでしょうから。日本語に馴染んでくれるなら、それもいいでしょ(う)。
 みんなそれぞれの方法で勉強していくのです。がんばろうね。
posted by kimik at 19:14| Comment(2) | TrackBack(0) | レッスン風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

仕事の悩み

 たまごにヒビが入った程度の私が悩むなんて贅沢かもしれません。でも、気になることは気になるのよ。もうやだ〜(悲しい顔)たらーっ(汗)涙マークで訴えるほどじゃないかもしれませんが、どうにかならないかなぁ…と思いつつ、ハーブティーを喫茶店飲んでいるkimikです。

 小さいお子さんをお持ちのお母さんに多いのですが、

動物の名前に「さん」または「ちゃん」を付ける のです。

「いぬさん」「ねこさん」「うさぎさん」「ぞうさん」「りすさん」などなど…
微笑ましいとは思うのですが、基本の練習としてはねぇ…。
 おそらく、本絵本の影響でしょう。一度「ぞうさん」が定着してしまうと、何の動物の名前を教えても、

 kimik 「くま。く、ま。」
 生徒 「くまさん!」
 kimik 「きりん。」
 生徒 「きりんさん!」

と、ご丁寧に「さん」を付けてしまうのです。
 ここで、微笑ましいからと流してしまうか、日本語初級学習者とはいえ大人なのだから、それなりの言い方を指導するか。考えてしまいます。単語として勉強した人も、日本人のママ友達が増えていくにつれて「うさぎさん揺れるハート」「ねこちゃん揺れるハート」と言うようになります。う〜ん、(ちょっと)困ったもんだ。
posted by kimik at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | こぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。